読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【グルメレポート】広島風お好み焼きカンラン@西荻窪

カンラン_外観_西荻窪


広島育ちの僕だが、東京に出てきてからあんまり美味しい広島風お好み焼きを食べてないなあとふと思い、食べログで東京のランキングを見ているとあるじゃありませんか、西荻窪にカンランというお店が。

こりゃ行くっきゃないね、ということで予約をとって行ってきました。
予約をとった時に、17:30からなら空いているということだったので、その時間に行くと早くも10人ほどのお客さんが店内でお好み焼きを食べている。

 

そば肉玉を頼もうとすると20分くらいかかると言われたので、それに加えて早く出て来るシーザーサラダと、とん平焼き、すじポン酢、長芋の鉄板焼きを頼む。

トマトとベーコンのシーザーサラダ_カンラン
トマトとベーコンのシーザーサラダ

 

すじポン_カンラン
すじポン酢
 
とん平焼き_カンラン
とん平焼き

 

広島風お好み焼きそば肉玉_カンラン
そば肉玉


すじポン酢とシーザーサラダは正直に言えば、そんなに美味しくもなく不味くもない普通って感じだったのだけれど、とん平焼きとそば肉玉は本当にうまい!

広島にいた頃に食べた(多少記憶の中で美化されているだろう)広島風お好み焼きと遜色の無い本場の味。こんなに美味しい広島風お好み焼きのお店があるのならもっと早く知っておきたかった。

じっくりとキャベツの甘みを最大限引き出すために、20分かけて焼き上げると店員さんが言っていたように、広島風お好み焼きを口に入れて噛めば噛むほど甘みが出て来るのはさすが。カウンターにあるおたふくソースをかれば、おたふくソースの甘みがキャベツの甘みを引き立て、キャベツの甘みが逆におたふくソースの甘みを引き立てるといった具合に美味しさはうなぎ上りだ。

ちなみにお店にはおたふくソースのみしか置いてないのだけど、とあるレビューサイトではそのことに対してケチを付けていた人がいた。しかし、これは全く分かっていない人のお言葉だ。

島風お好み焼きにはおたふくソースと相場が決まっている。僕が広島に住んでいた時はおたふくソース以外のソースを見たことがなかったほど、広島にはおたふくソースが浸透している。おたふくソースがかかっていない広島風お好み焼きがあれば、それはもうもぐりだ。もし、奇特にもこのブログを読んでこのお店に行く人がいれば、ぜひともおたふくソースとキャベツの甘みのハーモニーを楽しんでほしい。

もし、行くのであれば注意しておいた方がいいことは2つある。
一つは、予約だ。予約はしておいた方が絶対にいい。
西荻窪から歩いて10分とやや遠い場所にある上に、お店は結構混んでいる。
僕が食べている間にも何組か飛び入りで来ていたけど、6組待ちだとかで断られてしまっていた。

もう一つは、頼む量だ。
そば肉玉を1人一つ頼むと確実にそれだけでお腹がいっぱいになる。
今回も2人でそば肉玉に加えて5品頼んだのだけれど、明らかに過剰だった。
美味しかったからなんとか食べることはできたけど、お店を出る時には僕も彼女もお腹がパンパンに膨れ上がってしまっていた。

こうしたことに気をつけさえすれば、量・質・値段のいずれも満足できるお店のはずだ。

今日のお店:カンラン
営業時間:[月~金] 18:00~24:00(LO23:00)
[土] 17:00~24:00(LO23:00)
住所:東京都杉並区西荻南2-6-23
食べログリンク:http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13044228/