【箱根旅行記】オーベルジュ漣@箱根(ディナー編):どれを頼んでも当たりのディナー

お待ちかねのディナー

部屋でゴロゴロ時間を過ごし、気が付いたら18:30.ほどよくお腹が空いてきた所でお待ちかねの時間です。妻はこのディナーを楽しみにしすぎてオーベルジュ漣に予約を入れてから文字通り指折り「あと何日でオーベルジュ漣だ」と数えて楽しみにしていました。(笑)

さて、こちらが今回のメニュー。

縦線が入ってしまっていて申し訳ありません。SONYのα7ⅲで撮影したのですが、シャッター音をOFFにする設定にしていると蛍光灯の明かりのちらつきが出てしまうようです(フリッカー現象)。α7ⅲユーザーの皆様ご注意を。

オーベルジュ漣_ディナーメニュー

それは置いといて、

僕は前菜ではサーモンのスモーク、魚料理は本日の鮮魚料理、お口直しはパスティスのグラニテ、メインディッシュは鴨の低温ローストを選択。

妻はそれぞれ、テリーヌ、本日の鮮魚料理、デコポン、鶏のポワレをチョイス。

まず第一陣としてやってきたのがこちらの「季節のアミューズ」。右から、小エビとチーズをのせて焼いたパン、豚肉のテリーヌ、スズキのフリット、トマトのジュレとカリフラワーのムース。

この4つはほぼ定番ですが、どれも美味しい。

オーベルジュ漣_ディナー_季節のアミューズ

こちらがパン。右手のお皿にはカルピスバター・オリーブオイル・豚のリエットがあります。

オーベルジュ漣_ディナー_パン

 

私が頼んだ厚切り富士山サーモンのスモーク。下にはホワイトアスパラや、お店の方によるとホワイトキャビアと言われる(らしい)サーモンの卵があります。これは間違いない味ですね。大当たりです。(前回にこちらに伺った時の写真を見返していたら、前回もこの料理を頼んでいました。それほど気に入っているということですね。)

オーベルジュ漣_ディナー_厚切り富士山サーモンのスモーク

妻が頼んだテリーヌ。大江戸アナゴのテリーヌはやや甘めの仕上がり。

オーベルジュ漣_ディナー_大江戸アナゴのテリーヌ

続いて本日の鮮魚料理「金目鯛をカリっと焼いたもの」(すいません。料理名は分からず(笑))皮がカリっとしていてかつ金目鯛の味もばっちり。非常に美味。

オーベルジュ漣_ディナー_金目鯛

パスティスのグラニテ。うーん、爽やか―!

オーベルジュ漣_ディナー_パスティスのグラニテ

デコポンのグラニテ。これはおそらく皆さんも想像通りのお味。

オーベルジュ漣_ディナー_デコポンのグラニテ

そしてメインディッシュ。私が頼んだ鴨肉のロースト。

やはりこれがこの日一番のおいしさでしたね。ジューシーという言葉がぴったり。

オーベルジュ漣_ディナー_鴨肉のロースト

妻が選んだ鶏のポワレ

オーベルジュ漣_ディナー_鶏肉のポワレ

 メインディッシュが終わると次はスイーツです。下のメニューの中から2つを選びます。

私は、バナナとミラベルのパルフェと、ババロア

妻は、なめらかプリンとイチゴの裏ごしスープとマスカルポーネと練乳のパルフェをチョイス。

オーベルジュ漣_ディナー_スイーツメニュー

 これがバナナとミラベルのパルフェ。甘いバナナの味がするんですが、どこか爽やかさもあります。ミラベルってフルーツのおかげなのかな?

オーベルジュ漣_ディナー_バナナとミラベルのパルフェ

こちらが妻の選んだなめらかプリン。

オーベルジュ漣_ディナー_なめらかプリン

ババロアですね。下の柑橘類のコンポートが非常に美味。

オーベルジュ漣_ディナー_ババロア

イチゴの裏ごしスープとマスカルポーネと練乳のパルフェ。これもイチゴのスープが突き抜ける美味しさです。

オーベルジュ漣_ディナー_イチゴの裏ごしスープとマスカルポーネと練乳のパルフェ

全体的に、やはりオーベルジュ漣さんのディナーは非常に満足度が高いですね。料理は全て美味しく、どの料理を選択するかは個人の好みによって当たりか大当たりのどちらかになるといった具合。なので、どれでも安心して選択することができます。

子どもが2時間ほど騒がずに食べられるようになるまでこのディナーを味わうことが出来ないのがツライ所ですが、逆にしっかりとしつけをして早くこのディナーを味わうことができるようになろうと心に深く誓った夫婦でした。